1.ホームページにアクセスしてみてください

     トップページに使われている写真です
       スタート直後の思い出深いショットになりました

 

 http://melodious-cafe.com

 

 このホームページは、フランチャイズ本部である「リラックスカフェ」の社長さんが作ってくださいました。

 できあがってみると、やっぱり嬉しいものですね♪

 

 今年の4月に千葉県で受けた2回目の研修期間中に、社長さんから、「そのうちにホームページを作ってあげるので、楽しみに待っていてください」というお話をいただいていました。

 できあがりはいつだろうと、心待ちにしていて、ようやくこの日を迎えました。

 

2.ドメイン雑話

 

 melodious-cafe.comというドメインは、ホームページの立ち上げに備えて、起業前の準備期だった今年4月に取得しました。ITの世界では言わずもがなのことなのですが、取得できたドメインは、唯一無二で、このドメインを利用できる者は、私たちメロディアスカフェのみです。ドメインは、コンピュータネットワーク上に置かれた独自情報の在り処を表す住所のようなものです。

 ドメインの取得は早い者勝ちなので、melodious cafeを中核とするドメインがうまく取れるか、取得前は不安でしたが。

 

 「.com」の部分は、トップレベルドメインと呼ばれています。

 トップレベルドメインには、「.com」のほかにも、有名なところでは「.net」「.jp」「.co」「.co.jp」などいろいろあります。

 

 「.com」の年間使用料は、上に挙げたドメインの使用料よりは安価で、私が取得したサービスサイトでは1160円/年でした。まあまあ安い方です。

 なかには、年間使用料25万円という「.rich」とか、29.8万円という「.security」なんていうのもありますが、あまりお目にかかったことはないんじゃないでしょうか?

 

 ホームページのデータを保存するサーバも、年間8,100円でレンタルしました。


 さて、ホームページの立ち上げ目的と、内容などについて、簡単に説明します。

 

3.ホームページ立ち上げの目的

 

 ホームページ内には、「イベント出店依頼」というページがあります。

 ホームページの開設目的は、メロディアスカフェの宣伝ツールとするだけではなく、新たな仕事を受注するツールとすることにあります。

 

 本部の「リラックスカフェ」は千葉県に在るため、関東周辺に強みを持っています。社長さんは、メロディアスカフェを関西周辺の拠点にしたいという構想を持っておられるようです。

 その構想の実現に、私たちがどこまで力になれるかは、現段階では全くわかりません。しかし、このホームページが、仕事の受注ツールとして機能するようになれば、本部と私たちとの結びつきは、より強くなっていくと思います。

 

4.ホームページの内容

 

(1)オーナーの声

 ホームページの文章は、9割9分、社長さんが作成してくださいました。

 私の文章は、「HOME」のページにある「オーナーの声」です。

 

 次男のあきひろのことをどのように書くか、もしくは書かないか、いろいろと迷いましたが、あきひろの怪我と、社会復帰への頑張りとは、メロディアスカフェの起業の原点なので、やはり書いておくことにしました。

 

 あきひろは、車の窓口で、クレープを頼んで待ってくださっているお客様に対して、「お飲み物はいかがですか?」と声をかけていますが、滑舌がはっきりしないことがあります。例えば、「おのーもの」と聞こえてしまうことがあるようです。ホームページがどこまで読まれるかはわかりませんが、「おのーもの」になる謎の答えをここに置いておくことにしました。

 

(2)販売メニュー

 「販売メニュー」のページには、メロディアスカフェが扱っていない多数のメニューも掲載されています。

 「えっ!?なんで?」と思われるかもしれませんが、このホームページが、新たな仕事を呼び込むツールになるという目的を持っているがゆえです。

 

 例えば、どこかのイベント開催者から、「ミニ鯛焼き」と「メロンパン」を販売してほしいと、私たちに依頼が来たとします。この場合には、その依頼を私たちが本部に対して仲介し、実際には本部、または本部傘下の別のフランチャイジーが出動することになります。

 

(3)その他のページ

 「独立開業支援」と「車両紹介」のページは、いわば本部のページです。

 

 メロディアスカフェのページとは区別できるように、ページの両サイドの色が、私たちのシンボルカラーであるワインレッドではなく、レモンイエローになっています。

 

 ただし、このホームページを見て、移動販売の起業についてや、車の製作などについて、私たちに相談が持ち込まれることは想定内です。その場合には、自分の経験に基づくアドバイスなどもしつつ、本部を紹介するという流れになります。

 さあ、これからどういう展開が待ち受けているのか、とても楽しみです。

 

 

《当面の出店予定》

 

 *11/11(土)---フレスト松井山手

 *11/12(日)---フレスト松井山手

 *11/18(土)---イオン洛南

 *11/19(日)---イオン洛南

 *11/26(日)---フレスト松井山手

 *12/ 9(土)---フレスト松井山手

 

 ★このブログを気に入ってくださった方は、ご友人に広めていただけると本当にありがたいです。

  よろしくお願いします(平田光俊)。

1.京都府京田辺市のショッピングモールにトライします

 

 イオン洛南ショッピングセンターには、これからも出店させてもらうつもりですが、もっと売り上げを伸ばせる出店先があるかもしれません。

 私たちの希望は、飲食の店が入っていない京都市内の大規模ホームセンターなのですが、今取り引きしている仲介会社に、この条件を満たす出店先を見つけてもらうことができませんでした。

 仲介会社もいろいろ探してくれた結果、自宅から車で15分くらいの距離にある京都府京田辺市のショッピングモールを提案してきました。


 このショッピングモール(フレスト松井山手店)は、イオンのミニ版のようなもので、マクドやら、ケーキ屋やら、カフェやらが入店しているので、出店環境はイオンとあまり変わらないように思います。

 出店料はイオンより高く、1日5000円かかるので、下手をするとイオンよりも収益が下がるおそれがあります。

 しかし、TUTAYAとか、フィットネスクラブとかを訪れる若い客層が、イオンより多く見込めるかもしれません。また、売り上げが伸びるかどうかは、実際に出店してみなければわからないことです。

 したがって、イオンのときのように、初めから27日間も出店契約してしまうという無謀なことはせず、まず、2日間だけの出店にトライしてみることを決断しました。

 

2.京都府の営業許可基準〜やっぱり新たな買い物が要るのか!

 

 フレスト松井山手店に出店するには、京都府の営業許可を取得しなければなりません。出店日は、9月9日(土)が決まりました。もう一日、10日(日)はフレストの承認待ちです。

 営業許可証の発行には1〜2週間かかるので、9/9までにあまり余裕がありません。

 

 早速、京田辺市を管轄する保健所に問い合わせの電話をかけました。

 その結果、案の定、京都市の営業許可では必要が無かった新たな要件が課されました。

 それは、「車載の冷凍庫と冷蔵庫の庫内温度が、外から見えること」

 京都市では、「車載の冷凍庫と冷蔵庫の庫内温度を計測する温度計を備えていること」でした。この要件を満たすために、−30℃〜50℃の温度を測れる温度計を購入して、庫内に置くことで、基準をパスしました。

 ところが、京都府では、「庫内温度が、外から見えること」ですって!!!

  私「京都市では、庫内に置いた温度計でパスしています。そのままではダメですか?」

  係り「京都府では、そのやり方を認めていません。」

 もうこの振り回され方には笑うしかないです。

 

 庫内温度を測るには、熱電対温度計を買わなければなりません。

 熱電対温度計とは、庫内に温度センサを置き、電線を庫外に延ばして温度表示計に接続した装置で、離れた場所の温度を測ることができます。

 冷凍庫と、冷蔵庫とそれぞれの温度が見えるようにしてくださいと係りの人が言うので、仕方なくネット検索して、すぐ手に入る割安品を2つ購入することにしました。

 

 そのほかの要件は、京都市で満たしている要件が通用したので、この熱電対温度計を買って、京都府に16,000円を支払えば、京都府下のどこででも出店できることになります。

 ただし、日本ではどこの営業許可にも5年という期限があります。5年後には少し割り引きされた更新料を払って更新手続きをしないと、失効してしまいます。なんともお金と手間とがかかるしくみになっていますね。
 

3.9月の出店予定

 

 9月の出店予定は、今のところ、以下のとおりです(夏の平日の出店については、売り上げが伸びないので、現在及び腰なのです)。

 提供メニューは、クレープ&ドリンクに戻します。

 フレスト松井山手店の出店が成功すれば、10月の出店を増やす予定です。さてどういう結果になるか、とても楽しみです。

 

 9/ 9(土)フレスト松井山手店

 9/10(日)フレスト松井山手店(承認待ち)

 

 9/17(日)イオン洛南

 9/18(祝)イオン洛南

 

 9/24(日)ノートルダム女学院文化祭(この出店についてはビッグニュースですが改めてお知らせします)

             2017.7.17撮影

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 <2017.8.25追記>
    昨日8月24日、無事に、京都府の飲食店営業許可審査をパスしました。

  申請先は、9月の新たな出店先である京田辺市を管轄する「山城北保健所」(宇治市)でした。
  追加備品の熱電対温度計2つが、ちゃんと温度表示している状態を係員に確認してもらいました。
  写真のように、冷凍庫は−22.8℃、冷蔵庫は8.1℃に冷えています
  京都市で営業許可を取得して営業中というバックグラウンドがあるせいか、京都市のときよりすんなりとOKをもらえた気がしました。

    これで、京都府内のどこでも出店できる資格をもらえたので、取り敢えずひと安心。出店地をうまく拡げていきたいと思います。


 

★このブログを気に入ってくださった方は、ご友人に広めていただけると本当にありがたいです。

  よろしくお願いします(平田光俊)。

1.営業許可の申請先は100を越える!

 

 この仕事を始めてみて、いろんな大変さがあることを痛感しています。

 その1つは、営業許可の取得です。

        洛南イオンでの最近の出店場所〜終日直射日光が・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 下に掲載した許可申請先地域別リストをご覧いただくとわかるように、営業許可の申請先は、都道府県、政令市、中核市に細かく分けられています。

 その数はなんと100地区を越えています。

 つまり、日本のどこにでも車で移動して、クレープなどを販売できるようにしようとすると、各地区を管轄する100以上の保健所に出向いて、営業許可証を発行してもらう必要があるのです。

 

          許可申請先地域別リスト1

 

 

         許可申請先地域別リスト2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 1つの保健所で営業許可を取得するのには2万円前後の申請費用がかかります。

 その上、移動販売車で保健所に直接出向いて、車内の設備が基準を満たしているかを保健所員が車内に入って確認をします。

 もし、基準を満たしていないと判断されると、不備な点を改善して、改善後の車内をもう一度見てもらうことになります。さらに、営業許可証が検査日から1週間後くらいに発行されるので、少なくとも京都市の場合には、発行された営業許可証を保健所に取りに行くことも必要でした。

 

 どこかの県でイベントがあって、キッチンカーの出店を募集しているから出店申込みをしたいと思っても、そのイベントを管轄する保健所で、前もって車の設備検査を受け、営業許可証を取得することが必要なので、とても簡単に済む話ではないですね。

 

 各都道府県や主要な都市の保健所が、自分の管轄地域に責任を持つという主旨で、日本が100以上のエリアに分かれて、しかも独自の基準を決めているらしいのですが。

 行政の無駄という見方もできると思いませんか?

 

2.大阪の営業許可の申請先は7箇所もある!

 

 掲載した上のリスト1・2は少し古いようです。

 例えば、大阪は、リスト2では「大阪府、大阪市、堺市、東大阪市、高槻市」の5区分になっていますが、今では、豊中市(2012年に中核市に移行)と枚方市(2014年に中核市に移行)とが更に分かれて、7区分になってしまいました。

 大阪府全域をカバーしたい場合、7つの保健所で別々に営業許可を取得しないといけない仕組みです。

 なんと理不尽なことと思えて仕方がないです!

 

3.営業許可の基準は、地域によってバラバラ

    営業許可基準の地域別概念図

 

 もう一つ困ったこととして、営業許可の基準は、100を越えて分かれている管轄地域ごとにバラバラで統一されていないという問題があります。

 右の図は、地域A,B,Cの基準が少しずつ違っている状態を表しています。中央の共通部分の基準のほかにずれがあるため、そのずれた基準を全て(赤線で囲んだ範囲)を満足するように車内設備を整えなければ、地域A,B,Cの全てに出店することができないのです。

 

 私たちは、まだ京都市の営業許可しか取得していなくて、例えば、給排水の容量は、給水タンク100L、排水タンク100Lを備えていることが京都市の基準です。

 ところが、大阪市の基準は京都市の2倍、つまり給水タンク200L、排水タンク200Lを備えていることが必要です。

 これだけの給排水タンクをまともに用意して備え付けたら、調理スペースが無くなります(笑)。

 じゃあどうするかというと、折り畳んで薄く潰せる20L容量のポリタンクを給排水合計400Lになる数だけ購入して、車内に積んでおくことになります。幸い、薄く潰せるポリタンクの使用が拒絶されることはありません。

 給排水のこと以外にも、大阪市には京都市に無い基準があるので、今はまだ、大阪市の営業許可取得をためらっているところです。

 

 日本のどこでも通用する統一基準を作ってほしいと切望する次第ですが、それを実現するには、自分が官僚に対して影響力を行使できる政治家にでもならない限り、到底叶いそうにない夢物語です。

 

今月上旬に帰省した家内のふる里小豆島の天空

 

 

 ★このブログを気に入ってくださった方は、ご友人に広めていただけると本当にありがたいです。

  よろしくお願いします(平田光俊)。

 

 先週初めにもらえそうだった車の完成写真は、結局、納車決定日の本日22日に、やっと、やっと、もらうこととなりました。

 ジリジリした気持ちも、色々すったもんだのやり取りをしたことも、この車の出来具合を見て、スーッと流れ去りましたハート

 写真に解説を記入しましたので、今回は、それぞれの写真に語ってもらうことにします。

 

 明日23日の朝9時に、寝屋川市の大阪運輸支局へ、千葉から遠路はるばる運転して来てくださいます。そしてそこでこの車(メロディアスカフェ号)と初対面しますびっくり

 

 

 ★次のブログの更新予定日は、《出店場所が確定したとき》の予定です。

  現在、京都市洛南イオンショッピングセンターの出店募集に応募中です。

  うまく出店を許可されることを祈っています!

 

 ★このブログを気に入ってくださった方は、ご友人に広めていただけると本当にありがたいです。

  よろしくお願いします(平田光俊)。

 前回のブログで、「★次のブログの更新予定日は、《5月3日〜10日の間頃》の予定です。次のブログでこそ、我が「メロディアスカフェ」の完成車をお披露目できるはずです。」と書いたので、気になって気になって、めちゃくちゃ気を揉んでいます。

 このブログを読んでくださっている方々、そしてクレープ販売デビューを応援してくださって楽しみにしてくださっている方々に、きちんと責任を果たしたいという気持ちでいっぱいです。

 

 

→の写真は、私のfacebookにも掲載した試作品の1つです。いかがですか?

 

 

 今週、車庫証明書の入手がどうのこうので、それを待って、15日のつもりで進めている納車がまた遅れるのどうのこうのといったゴタゴタした話が今更のように沸いたという顛末もありましたが、5月22日(月)納車が決定しました

 5月15日は、カレンダーに「大安」って書いてあるので、15日納車の方が良かったのにと、こんな場合だけ、日頃気にも留めない「大安」の文字に目が行ってしまいます。

 明日、車の内装完成の写真をもらえることになっています(ハプニングが無ければ。ハプニング続きですけど^^;)

 さらに明日、または遅くとも明後日、車の外装完成の写真をもらえることになっています(ハプニングが無ければ^^;)

 

 今朝、9割がた完成した内装写真を少しもらいましたので、気を持たせるようで申し訳ないのですが、ちらっと公開しますね。すごく綺麗に仕上げてもらえています。社長さん初めスタッフの皆さんが、いろんな仕事をこなしながら、睡眠時間を削って一所懸命に進めてくださっていることをよくわかっているので、遅れ続きのハプニングはあれど、まあいいやという気持ちになります。

 

 下左の写真は、運転席の上側に設けた寝室スペースです。ここには、二人寝ることができます。

 下右の写真は、車の後面側で、もう一人分のベッドスペースと、その下に物入れスペースを作ってもらいました。この物入れスペースの中には、ミニドラムセットが格納され、外から出し入れすることができます。

 三人分のベッド部分は、遠出したときや、旅行そのもので車中泊するためのものです。

 ミニドラムセットは、お客さんを呼び寄せる招き猫ならぬ、招きドラムとして活躍するはずです♪

 

 この続きは、早ければ明日!遅くても来週16日(火)のはずですが、またホラを吹いたことになったら、どうしようかな・・・

 

 


Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

時計

本棚

メロディアス カフェ

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM