《ワンカップ1個の占有体積は?》

 

 TOMIスジャータシルクアイスのワンカップは、写真のとおりです。

 カップの底面に添付されているラベルを剥がすと、シルクアイスが押し出される孔が露出します。この状態で上面に圧力を加えると、孔からシルクアイスが下向きに押し出されます。

 

 ワンカップに収まったシルクアイスの量は、140mlです。

 そこで、例えば1リットルの容積に、ワンカップが7個(=980ml相当)収まるかというと、全くそうではないんですね!

 

 なぜなら、2つのワンカップをくっつけて並べても、ワンカップ同士の間に無駄な隙間ができてしまうのと、ワンカップの中にも空間部分があるからです。

 このため、ワンカップ1個の占有体積は、なんと450mlくらいにもなってしまうんです。

 

 そうすると、例えば50リットルの冷凍庫であれば、約100個のワンカップを収容できる計算になります。

 

《増設する冷凍庫の容量は?》

 

 さてさて、ソフトクリームを新たに始める場合、

 メロディアスカフェ号には、少なくとも50リットルの冷凍庫の増設が必要と考えました。

 既存の冷凍庫の中を整理して、ワンカップを少し入れられるようにすれば、メロディアスカフェ号に150個のワンカップを搭載できるはずです。

 150個のソフトクリームは、クレープと並行して販売する1回の出店には充分な数だと思います。

 

 一方、家のほうには、150リットルの冷凍庫を新たに置くことにしました。そうすると、300個近い在庫を別に持っておくことができます。

 

 これらの冷凍設備の増設によって、年間1万円を超す電気代がかかることになりそうですが、それは、新たな投資をする限り、避けて通れないことです。

 

《今までの冷凍庫&冷蔵庫》

 

 今までメロディアスカフェ号に搭載していた冷凍庫(画面奥;容量100リットル)と、冷蔵庫(画面手前下;容量45リットル)は、右の写真のとおりです。

 冷蔵庫は小さくて物があまり入らないため、24リットルのクーラーボックスを併用していました。冷蔵設備としては、使い勝手の悪さをずーっと感じていたのです。

 そこで、今回、冷凍設備を増設するにあたって、この小さい冷蔵庫を、もっと容量のある冷凍冷蔵庫に変えてしまうことを決めました。

 

 新しい冷凍冷蔵庫に変えた写真が左下です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 一応、車内の作業スペースをちゃんと確保できるサイズの冷凍冷蔵庫を選んだのですが、かなりのデカさですね!

 

 まあ、実際に使ってみると、扉の開く向きを、従来と変えたことによって、無駄な動線が無くなったことと、冷蔵容量が2倍に増えてクーラーボックスを使う必要が無くなったこととが相まって、使い勝手はとても良くなりました。

 特に、無駄な動線を無くすことは、作業効率を上げる上でとても重要なんだなと、改めて思いました。

 

《ところが困った問題が》

 

 新たに生じた困った問題。

 それは、消費電力の増大によってもたらされたものでした。

 

 出店させてもらうお店の電源は、キャパが15アンペアの場合と、20アンペアの場合とがあります。

 キャパが15アンペアでは、エスプレッソマシンとか、ブレンダーとか、電子レンジとかの消費電力が大きい機器のどれか1つを動かすと、お店のブレーカーを飛ばしてしまうという事故が起きたのです。

 キャパが20アンペアでは大丈夫でした。しかし、それでも、消費電力が大きい機器を同時に2つ使うことは避ける注意が必要です。

 

 なぜ、こういう問題が起きてしまったか?

 それは、新しい冷凍冷蔵庫を自動霜取りタイプから選んでしまった(霜取り作業って面倒くさいから!)ため、霜取り機能が作動したときに、従来の小さい冷蔵庫の4倍強(220W)の電力を食ってしまうことが原因のようです。

 霜取り機能が作動しているときと、消費電力が大きい機器のどれか1つを動かしたときとが重なったときに、お店のブレーカーが飛んだというのが、いろいろ考えて出た答えです。

 

 新しい冷凍冷蔵庫を検討したときに、ここまでは考えが及びませんでした。

 

 このため、キャパが15アンペアのTUTAYA牧野高校前店では、発電機を持っていき、2電源方式を採らざるを得なくなりました。

 

 

 発電機の併用は、痛い出費ですが、ソフトクリーム販売を始めるために必要になった投資と考えなければ仕方ないですね(^^)。

 

 それでは、実際のソフトクリーム販売がどうなったのか。

 その話は次回、ご紹介します☆☆

 

《当面の出店予定》

 

7/14,21,28(日)---フレンドマート宇治店

7/15(月・祝)---フレンドマート木津川店

7/20(土)---フレンドマート御蔵山店

7/23(火)---TSUTAYA 牧野高校前店

 

8/1(木)---PL花火大会(フローズンシェイクで出店します)

 

 8月は、休業を基本としています。

 

9/1,8,29(日)---フレンドマート宇治店

9/7,14,21(土)---旬の駅 京都店(八幡市)

9/15,22(日)---フレンドマート御蔵山店

9/16,23(月・祝)---フレンドマート木津川店

9/3,10(火)---TSUTAYA 牧野高校前店(未定)

 

 イベント出店承ります。お気軽にお電話ください。

 (現在の営業可能エリア⇒京都市、京都府、大阪市、枚方市、[大阪府は近く取得予定])

 

 電話番号は、下記ホームページに記載しております。


 http://melodious-cafe.com

《うちもソフトクリームを売りたい!》

 

         甘味茶処さん(左)と
  豆乳ソフトクリームを販売している喜び屋さん

 大阪城公園でソフトクリーム(ワンカップサーブ式のソフトアイス;正式名称はTOMIスジャータシルクアイス)を売っておられた「甘味茶処」さんに、お客さんがいつも沢山群がっているのを見たあきひろ。

 「うちもソフトクリームを売りたい!」

 「クレープよりソフトクリームのほうが絶対売れる!」

 「クレープはやめたらいい!!」

 このちょっと悲しくなるような主張を何度聞かされたことやら。

 

 もちろん、ここまで苦労に苦労を重ねてノウハウを獲得し、多からずともリピーターを獲得してきたクレープをおいそれとやめるなんて、できるはずもありません。

 

 今日に至るまで、クレープ販売にどれほどのエネルギーを注いできたのかを、あきひろがわかっていないかのような主張のされ方に、心はどんより胃が重〜くなりました。

 

 クレープとソフトクリームの両方を扱えるんだろうか?

 そもそも、そんなエネルギーをさらに出せるのか?

 クレープに加えて、ソフトクリームを販売するとしたら、冷凍設備の増設が不可欠になるけれど、どんな設備投資をしたらいいんやろう?

 

 しばらく悶々としました。

 

《やれるだけやってみるか》

  TOMIスジャータシルクアイスの公式HPより

 

 ソフトクリームもやってみるか。

 いつそんな気持ちに切り替わったのか、思い出そうとしても今ではわからなくなっています。

 

 ソフトクリームが売れても売れなくても、あきひろを納得させるため。

 ソフトクリームをするとしたら、担当はあきひろにしてもらう。

 冷凍設備も何とかしてみよう。

 とにかく頭で考えていただけでは、良し悪しを決められない。

 こんなことをいろいろ考えたのは確かです。

 

 実際にソフトクリームを扱うとしたら、まず解決しなければならないのは、冷凍設備の増設です。

 6月に入ってから、この検討をスタートしました。

 

(次回に続く)

 

 

 

《当面の出店予定》

 

7/6(土)---旬の駅 京都店(八幡市)/初出店しました(ソフトクリームデビューを果たしたのです!)

7/7,14,21,28(日)---フレンドマート宇治

7/15(月・祝)---フレンドマート木津川店

7/20(土)---フレンドマート御蔵山店

7/2,9,16,23,30(火)---TSUTAYA 牧野高校前店

 

8/1(木)---PL花火大会(フローズンシェイクで出店します)

 

 8月は、休業を基本としています。

 

9/1,8,29(日)---フレンドマート宇治店

9/7,14,21(土)---旬の駅 京都店

9/15,22(日)---フレンドマート御蔵山店

9/16,23(月・祝)---フレンドマート木津川店

9/3,10(火)---TSUTAYA 牧野高校前店(未定)

 

 イベント出店承ります。お気軽にお電話ください。

 (現在の営業可能エリア⇒京都市、京都府、大阪市、枚方市、[大阪府は近く取得予定])

 

 電話番号は、下記ホームページに記載しております。


 http://melodious-cafe.com

《これです^^》

 

     飲食店営業許可証
      菓子製造業許可証


 

 大阪市の東部生活衛生監視事務所に営業許可を申請しに行ったのが先月26日でした。

 (このときのことは、こちらのブログ記事をご覧ください⇒http://acoustic-jazz.jugem.jp/?day=20181026

 

 許可証は、11月12日以降にもらえることになっていましたが、一昨日19日に、ようやくもらいに行くことができました。

 

 営業許可証には、取扱い品目などを記した書類が付属しています。

 取扱い品目は、基本的に自己申告で、許可可能なものであれば、扱う可能性のある品目を列挙してよいことになっています。

 うちが申告して認可された取扱い品目は以下です♪

 

 

 取扱い品目の画像だけでは素っ気ないので、飾りをつけました(^▽^)

 

 もちろん、うちのメインはクレープと珈琲ですが、大阪市のイベントや、出店場所、そして季節によっては、この取扱い品目からメニューを選択することができます。

 

《許可証の郵送はあきまへんて・・・》

 

 自宅から監視事務所のコーナーが設けられた大阪市中央区役所までは、車で片道1時間〜1時間半。結構遠いです。

 下の写真は、守口市を通過中、赤信号のときに、運転席からフロントガラス越しの風景を撮影したものです。

 なんだか無駄な時間を費やしている気がしていたこのときの心情が、この写真のどんよりした空を見てよみがえります(^w^) 

 

 

 他府県からもっと時間を使って申請しに来る人もいるだろうに、許可証を自宅に郵送してもらうことは駄目で、窓口受け取りのみだそうです。

 京都市、京都府は郵送可でしたヨ。大阪市は見習うべし!(それとも、他府県人は、郵送OKなんだろうか?)

 

《余談》

 

 許可証をもらった帰り道で、枚方市の長尾台のスーパーに立ち寄りました。

 このとき、思いがけず、街路がイルミネーションで華やかにライトアップされていました。多分、今年から始まったものと思います。

 

 

 どこも景気づけに知恵を絞り、頑張っているんやなあと、改めて思うひと幕でした。

 

《当面の出店予定》

 

 11/23(金)---フレンドマート木津川店

 11/25(日)---フレンドマート宇治店

 11/27(火)---フレンドマート枚方養父店

 

 12/1 (土),2,9,16(日)24(月・祝)---フレンドマート宇治店

 12/4(火),15(土)---フレンドマート御蔵山店

 12/11,18(火)---フレンドマート枚方養父店

   12/22(土)---大阪城公園お試し出店予定

 

  1/5,12,19(土)---大阪城公園出店決定

  1/6,20,27(日)---フレンドマート宇治店

  1/14(月・祝)---フレンドマート木津川店

New1/8,22(火)---TSUTAYA 牧野高校前店(お試し出店させていただきます♪

 

 

 イベント出店承ります。お気軽にお電話ください。

 

 電話番号は、下記ホームページに記載しております。

 

 http://melodious-cafe.com/

1.ホームページにアクセスしてみてください

     トップページに使われている写真です
       スタート直後の思い出深いショットになりました

 

 http://melodious-cafe.com

 

 このホームページは、フランチャイズ本部である「リラックスカフェ」の社長さんが作ってくださいました。

 できあがってみると、やっぱり嬉しいものですね♪

 

 今年の4月に千葉県で受けた2回目の研修期間中に、社長さんから、「そのうちにホームページを作ってあげるので、楽しみに待っていてください」というお話をいただいていました。

 できあがりはいつだろうと、心待ちにしていて、ようやくこの日を迎えました。

 

2.ドメイン雑話

 

 melodious-cafe.comというドメインは、ホームページの立ち上げに備えて、起業前の準備期だった今年4月に取得しました。ITの世界では言わずもがなのことなのですが、取得できたドメインは、唯一無二で、このドメインを利用できる者は、私たちメロディアスカフェのみです。ドメインは、コンピュータネットワーク上に置かれた独自情報の在り処を表す住所のようなものです。

 ドメインの取得は早い者勝ちなので、melodious cafeを中核とするドメインがうまく取れるか、取得前は不安でしたが。

 

 「.com」の部分は、トップレベルドメインと呼ばれています。

 トップレベルドメインには、「.com」のほかにも、有名なところでは「.net」「.jp」「.co」「.co.jp」などいろいろあります。

 

 「.com」の年間使用料は、上に挙げたドメインの使用料よりは安価で、私が取得したサービスサイトでは1160円/年でした。まあまあ安い方です。

 なかには、年間使用料25万円という「.rich」とか、29.8万円という「.security」なんていうのもありますが、あまりお目にかかったことはないんじゃないでしょうか?

 

 ホームページのデータを保存するサーバも、年間8,100円でレンタルしました。


 さて、ホームページの立ち上げ目的と、内容などについて、簡単に説明します。

 

3.ホームページ立ち上げの目的

 

 ホームページ内には、「イベント出店依頼」というページがあります。

 ホームページの開設目的は、メロディアスカフェの宣伝ツールとするだけではなく、新たな仕事を受注するツールとすることにあります。

 

 本部の「リラックスカフェ」は千葉県に在るため、関東周辺に強みを持っています。社長さんは、メロディアスカフェを関西周辺の拠点にしたいという構想を持っておられるようです。

 その構想の実現に、私たちがどこまで力になれるかは、現段階では全くわかりません。しかし、このホームページが、仕事の受注ツールとして機能するようになれば、本部と私たちとの結びつきは、より強くなっていくと思います。

 

4.ホームページの内容

 

(1)オーナーの声

 ホームページの文章は、9割9分、社長さんが作成してくださいました。

 私の文章は、「HOME」のページにある「オーナーの声」です。

 

 次男のあきひろのことをどのように書くか、もしくは書かないか、いろいろと迷いましたが、あきひろの怪我と、社会復帰への頑張りとは、メロディアスカフェの起業の原点なので、やはり書いておくことにしました。

 

 あきひろは、車の窓口で、クレープを頼んで待ってくださっているお客様に対して、「お飲み物はいかがですか?」と声をかけていますが、滑舌がはっきりしないことがあります。例えば、「おのーもの」と聞こえてしまうことがあるようです。ホームページがどこまで読まれるかはわかりませんが、「おのーもの」になる謎の答えをここに置いておくことにしました。

 

(2)販売メニュー

 「販売メニュー」のページには、メロディアスカフェが扱っていない多数のメニューも掲載されています。

 「えっ!?なんで?」と思われるかもしれませんが、このホームページが、新たな仕事を呼び込むツールになるという目的を持っているがゆえです。

 

 例えば、どこかのイベント開催者から、「ミニ鯛焼き」と「メロンパン」を販売してほしいと、私たちに依頼が来たとします。この場合には、その依頼を私たちが本部に対して仲介し、実際には本部、または本部傘下の別のフランチャイジーが出動することになります。

 

(3)その他のページ

 「独立開業支援」と「車両紹介」のページは、いわば本部のページです。

 

 メロディアスカフェのページとは区別できるように、ページの両サイドの色が、私たちのシンボルカラーであるワインレッドではなく、レモンイエローになっています。

 

 ただし、このホームページを見て、移動販売の起業についてや、車の製作などについて、私たちに相談が持ち込まれることは想定内です。その場合には、自分の経験に基づくアドバイスなどもしつつ、本部を紹介するという流れになります。

 さあ、これからどういう展開が待ち受けているのか、とても楽しみです。

 

 

《当面の出店予定》

 

 *11/11(土)---フレスト松井山手

 *11/12(日)---フレスト松井山手

 *11/18(土)---イオン洛南

 *11/19(日)---イオン洛南

 *11/26(日)---フレスト松井山手

 *12/ 9(土)---フレスト松井山手

 

 ★このブログを気に入ってくださった方は、ご友人に広めていただけると本当にありがたいです。

  よろしくお願いします(平田光俊)。

1.京都府京田辺市のショッピングモールにトライします

 

 イオン洛南ショッピングセンターには、これからも出店させてもらうつもりですが、もっと売り上げを伸ばせる出店先があるかもしれません。

 私たちの希望は、飲食の店が入っていない京都市内の大規模ホームセンターなのですが、今取り引きしている仲介会社に、この条件を満たす出店先を見つけてもらうことができませんでした。

 仲介会社もいろいろ探してくれた結果、自宅から車で15分くらいの距離にある京都府京田辺市のショッピングモールを提案してきました。


 このショッピングモール(フレスト松井山手店)は、イオンのミニ版のようなもので、マクドやら、ケーキ屋やら、カフェやらが入店しているので、出店環境はイオンとあまり変わらないように思います。

 出店料はイオンより高く、1日5000円かかるので、下手をするとイオンよりも収益が下がるおそれがあります。

 しかし、TUTAYAとか、フィットネスクラブとかを訪れる若い客層が、イオンより多く見込めるかもしれません。また、売り上げが伸びるかどうかは、実際に出店してみなければわからないことです。

 したがって、イオンのときのように、初めから27日間も出店契約してしまうという無謀なことはせず、まず、2日間だけの出店にトライしてみることを決断しました。

 

2.京都府の営業許可基準〜やっぱり新たな買い物が要るのか!

 

 フレスト松井山手店に出店するには、京都府の営業許可を取得しなければなりません。出店日は、9月9日(土)が決まりました。もう一日、10日(日)はフレストの承認待ちです。

 営業許可証の発行には1〜2週間かかるので、9/9までにあまり余裕がありません。

 

 早速、京田辺市を管轄する保健所に問い合わせの電話をかけました。

 その結果、案の定、京都市の営業許可では必要が無かった新たな要件が課されました。

 それは、「車載の冷凍庫と冷蔵庫の庫内温度が、外から見えること」

 京都市では、「車載の冷凍庫と冷蔵庫の庫内温度を計測する温度計を備えていること」でした。この要件を満たすために、−30℃〜50℃の温度を測れる温度計を購入して、庫内に置くことで、基準をパスしました。

 ところが、京都府では、「庫内温度が、外から見えること」ですって!!!

  私「京都市では、庫内に置いた温度計でパスしています。そのままではダメですか?」

  係り「京都府では、そのやり方を認めていません。」

 もうこの振り回され方には笑うしかないです。

 

 庫内温度を測るには、熱電対温度計を買わなければなりません。

 熱電対温度計とは、庫内に温度センサを置き、電線を庫外に延ばして温度表示計に接続した装置で、離れた場所の温度を測ることができます。

 冷凍庫と、冷蔵庫とそれぞれの温度が見えるようにしてくださいと係りの人が言うので、仕方なくネット検索して、すぐ手に入る割安品を2つ購入することにしました。

 

 そのほかの要件は、京都市で満たしている要件が通用したので、この熱電対温度計を買って、京都府に16,000円を支払えば、京都府下のどこででも出店できることになります。

 ただし、日本ではどこの営業許可にも5年という期限があります。5年後には少し割り引きされた更新料を払って更新手続きをしないと、失効してしまいます。なんともお金と手間とがかかるしくみになっていますね。
 

3.9月の出店予定

 

 9月の出店予定は、今のところ、以下のとおりです(夏の平日の出店については、売り上げが伸びないので、現在及び腰なのです)。

 提供メニューは、クレープ&ドリンクに戻します。

 フレスト松井山手店の出店が成功すれば、10月の出店を増やす予定です。さてどういう結果になるか、とても楽しみです。

 

 9/ 9(土)フレスト松井山手店

 9/10(日)フレスト松井山手店(承認待ち)

 

 9/17(日)イオン洛南

 9/18(祝)イオン洛南

 

 9/24(日)ノートルダム女学院文化祭(この出店についてはビッグニュースですが改めてお知らせします)

             2017.7.17撮影

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 <2017.8.25追記>
    昨日8月24日、無事に、京都府の飲食店営業許可審査をパスしました。

  申請先は、9月の新たな出店先である京田辺市を管轄する「山城北保健所」(宇治市)でした。
  追加備品の熱電対温度計2つが、ちゃんと温度表示している状態を係員に確認してもらいました。
  写真のように、冷凍庫は−22.8℃、冷蔵庫は8.1℃に冷えています
  京都市で営業許可を取得して営業中というバックグラウンドがあるせいか、京都市のときよりすんなりとOKをもらえた気がしました。

    これで、京都府内のどこでも出店できる資格をもらえたので、取り敢えずひと安心。出店地をうまく拡げていきたいと思います。


 

★このブログを気に入ってくださった方は、ご友人に広めていただけると本当にありがたいです。

  よろしくお願いします(平田光俊)。

1.営業許可の申請先は100を越える!

 

 この仕事を始めてみて、いろんな大変さがあることを痛感しています。

 その1つは、営業許可の取得です。

        洛南イオンでの最近の出店場所〜終日直射日光が・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 下に掲載した許可申請先地域別リストをご覧いただくとわかるように、営業許可の申請先は、都道府県、政令市、中核市に細かく分けられています。

 その数はなんと100地区を越えています。

 つまり、日本のどこにでも車で移動して、クレープなどを販売できるようにしようとすると、各地区を管轄する100以上の保健所に出向いて、営業許可証を発行してもらう必要があるのです。

 

          許可申請先地域別リスト1

 

 

         許可申請先地域別リスト2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 1つの保健所で営業許可を取得するのには2万円前後の申請費用がかかります。

 その上、移動販売車で保健所に直接出向いて、車内の設備が基準を満たしているかを保健所員が車内に入って確認をします。

 もし、基準を満たしていないと判断されると、不備な点を改善して、改善後の車内をもう一度見てもらうことになります。さらに、営業許可証が検査日から1週間後くらいに発行されるので、少なくとも京都市の場合には、発行された営業許可証を保健所に取りに行くことも必要でした。

 

 どこかの県でイベントがあって、キッチンカーの出店を募集しているから出店申込みをしたいと思っても、そのイベントを管轄する保健所で、前もって車の設備検査を受け、営業許可証を取得することが必要なので、とても簡単に済む話ではないですね。

 

 各都道府県や主要な都市の保健所が、自分の管轄地域に責任を持つという主旨で、日本が100以上のエリアに分かれて、しかも独自の基準を決めているらしいのですが。

 行政の無駄という見方もできると思いませんか?

 

2.大阪の営業許可の申請先は7箇所もある!

 

 掲載した上のリスト1・2は少し古いようです。

 例えば、大阪は、リスト2では「大阪府、大阪市、堺市、東大阪市、高槻市」の5区分になっていますが、今では、豊中市(2012年に中核市に移行)と枚方市(2014年に中核市に移行)とが更に分かれて、7区分になってしまいました。

 大阪府全域をカバーしたい場合、7つの保健所で別々に営業許可を取得しないといけない仕組みです。

 なんと理不尽なことと思えて仕方がないです!

 

3.営業許可の基準は、地域によってバラバラ

    営業許可基準の地域別概念図

 

 もう一つ困ったこととして、営業許可の基準は、100を越えて分かれている管轄地域ごとにバラバラで統一されていないという問題があります。

 右の図は、地域A,B,Cの基準が少しずつ違っている状態を表しています。中央の共通部分の基準のほかにずれがあるため、そのずれた基準を全て(赤線で囲んだ範囲)を満足するように車内設備を整えなければ、地域A,B,Cの全てに出店することができないのです。

 

 私たちは、まだ京都市の営業許可しか取得していなくて、例えば、給排水の容量は、給水タンク100L、排水タンク100Lを備えていることが京都市の基準です。

 ところが、大阪市の基準は京都市の2倍、つまり給水タンク200L、排水タンク200Lを備えていることが必要です。

 これだけの給排水タンクをまともに用意して備え付けたら、調理スペースが無くなります(笑)。

 じゃあどうするかというと、折り畳んで薄く潰せる20L容量のポリタンクを給排水合計400Lになる数だけ購入して、車内に積んでおくことになります。幸い、薄く潰せるポリタンクの使用が拒絶されることはありません。

 給排水のこと以外にも、大阪市には京都市に無い基準があるので、今はまだ、大阪市の営業許可取得をためらっているところです。

 

 日本のどこでも通用する統一基準を作ってほしいと切望する次第ですが、それを実現するには、自分が官僚に対して影響力を行使できる政治家にでもならない限り、到底叶いそうにない夢物語です。

 

今月上旬に帰省した家内のふる里小豆島の天空

 

 

 ★このブログを気に入ってくださった方は、ご友人に広めていただけると本当にありがたいです。

  よろしくお願いします(平田光俊)。

 

 先週初めにもらえそうだった車の完成写真は、結局、納車決定日の本日22日に、やっと、やっと、もらうこととなりました。

 ジリジリした気持ちも、色々すったもんだのやり取りをしたことも、この車の出来具合を見て、スーッと流れ去りましたハート

 写真に解説を記入しましたので、今回は、それぞれの写真に語ってもらうことにします。

 

 明日23日の朝9時に、寝屋川市の大阪運輸支局へ、千葉から遠路はるばる運転して来てくださいます。そしてそこでこの車(メロディアスカフェ号)と初対面しますびっくり

 

 

 ★次のブログの更新予定日は、《出店場所が確定したとき》の予定です。

  現在、京都市洛南イオンショッピングセンターの出店募集に応募中です。

  うまく出店を許可されることを祈っています!

 

 ★このブログを気に入ってくださった方は、ご友人に広めていただけると本当にありがたいです。

  よろしくお願いします(平田光俊)。

 前回のブログで、「★次のブログの更新予定日は、《5月3日〜10日の間頃》の予定です。次のブログでこそ、我が「メロディアスカフェ」の完成車をお披露目できるはずです。」と書いたので、気になって気になって、めちゃくちゃ気を揉んでいます。

 このブログを読んでくださっている方々、そしてクレープ販売デビューを応援してくださって楽しみにしてくださっている方々に、きちんと責任を果たしたいという気持ちでいっぱいです。

 

 

→の写真は、私のfacebookにも掲載した試作品の1つです。いかがですか?

 

 

 今週、車庫証明書の入手がどうのこうので、それを待って、15日のつもりで進めている納車がまた遅れるのどうのこうのといったゴタゴタした話が今更のように沸いたという顛末もありましたが、5月22日(月)納車が決定しました

 5月15日は、カレンダーに「大安」って書いてあるので、15日納車の方が良かったのにと、こんな場合だけ、日頃気にも留めない「大安」の文字に目が行ってしまいます。

 明日、車の内装完成の写真をもらえることになっています(ハプニングが無ければ。ハプニング続きですけど^^;)

 さらに明日、または遅くとも明後日、車の外装完成の写真をもらえることになっています(ハプニングが無ければ^^;)

 

 今朝、9割がた完成した内装写真を少しもらいましたので、気を持たせるようで申し訳ないのですが、ちらっと公開しますね。すごく綺麗に仕上げてもらえています。社長さん初めスタッフの皆さんが、いろんな仕事をこなしながら、睡眠時間を削って一所懸命に進めてくださっていることをよくわかっているので、遅れ続きのハプニングはあれど、まあいいやという気持ちになります。

 

 下左の写真は、運転席の上側に設けた寝室スペースです。ここには、二人寝ることができます。

 下右の写真は、車の後面側で、もう一人分のベッドスペースと、その下に物入れスペースを作ってもらいました。この物入れスペースの中には、ミニドラムセットが格納され、外から出し入れすることができます。

 三人分のベッド部分は、遠出したときや、旅行そのもので車中泊するためのものです。

 ミニドラムセットは、お客さんを呼び寄せる招き猫ならぬ、招きドラムとして活躍するはずです♪

 

 この続きは、早ければ明日!遅くても来週16日(火)のはずですが、またホラを吹いたことになったら、どうしようかな・・・

 

 

 〔今回の研修のあらまし〕

 千葉での今回の実地研修は、ブログを書く時間も気力も持てないほど非常に忙しくなりました。

 その代わり、いつでも出店できるというノウハウと自信とを、不十分ながら持つことができた実り多いものとなりました。

 

 実地体験の日数は計4日。出店場所は、映画撮影のロケ現場、ホームセンター、そして大学でした。

 

  (右の写真は、実地販売で使ったキッチンカーです→)

 

 クレープとドリンクの移動販売という仕事は、準備しなければいけない品目が多く、食材と小道具いろいろの全部の品目数は100を超えます!

 このため、出店日には、早朝からの品目チェックおよび準備と、夜に帰ってからの片付けのほかに、売上の計算とが、現場での作業以外に欠かせないので、どうしても、労働時間は12時間を優に超えてしまいます。なかなかの体力と気力とを要する仕事です。

 

 〔今後の見通し〕

 当初の予定では、今日が大阪へ戻る日でした。しかし、Relax Coffeeの方々も私たちも超多忙のため、私たちの車に関する打ち合わせもままならない状態になりました。私たちの車の製作は、まだ6〜7割の段階で止まっています。

 やむなく、もう一泊させてもらい、本日、車製作の最終打ち合わせを行うことにしました。

 

 とはいうものの、もうすぐゴールデンウィークに入るため、車が出来上がったとしても、営業許可に関する各種手続きを受け付ける役所が閉まるので、私たちの移動販売デビューは、もう少し先にならざるを得ないと思います。

 

 5月3日をデビュー日にするつもりで、社長さんに高槻市と東大阪市のホームセンターに出店の打診をお願いしていたのですが、幸か不幸か出店の空きが無いとか、移動販売を受けていないという結果でした。今の状況では5月3日のデビューには到底間に合わないので、焦らずじっくりと取り組んでいくことにしました。

 私たちを応援してくださっている皆さん、デビューをもうしばらくお待ちくださるようお願いいたします。

 

 〔研修日誌〕

では、今回の研修日誌を簡潔にお知らせします。

 

   〔4月19日〜26日〕

    ・19日---枚方市から千葉県八街市へ移動。午前の予定を終えた後、午後1時出発、夜9時40分到着。

    ・20日---朝6時出発。俳優の温水さんの映画撮影ロケ現場でクレープ・ドリンクの販売ヘルプ。

               夜7時半過ぎにロケ終了

               (温水さんを当日撮影した写真は公開不可)

               帰路は、販売車のキッチンで大揺れに耐えつつ夕食の弁当をいただく。

 

    ・21日---22日と23日の実地販売研修に向けて準備。

               (なぜか、この日にしたことの記憶がほとんど無い)

    ・22日---いよいよ実地販売! 緊張と不安でいっぱいいっぱい。

               出店地はカインズホーム東金店。

               ライトエースを改造したキッチンカーを運転。

               社長さんの車に先導してもらうこと35分。

               真後ろが全く見えない馴れない車で知らない道を走る不安も加わり、ストレスはMAXに。

  出店準備が完了すると、社長さんと先生は帰宅。私たちだけで乗り切る覚悟を決めた実地販売が午前9時半過ぎにスタート。

  そして‥‥!

  この日の販売数は、118食!!

  売上は五万七千円。

  私はクレープ生地をひたすら焼き続け、家内とあきひろはひたすら接客とクレープ作り。3人のチームプレーで何とか乗り切りました。

  経験値が一気に上昇する絶好の機会になりました。

  研修所に帰りついた7時半頃。報告をすると、超優秀な売上だと社長さんからも先生からも誉められました。
 

   ・23日---同じ店で二日目の実地販売。

              出店場所の良さと日曜日とのダブルの好条件が追い風になり、売上はさらに上昇。

              販売数は163食。売上は七万六千円ほど。

              予測と実績とが少しできたので、昨日よりは落ち着いて対応できました。

   

 

  ・24日---Relax Coffeeの皆さんは、EXILEが主演する映画のロケ現場(群馬県)へケータリング。

             私たちはお疲れ休み&自己研修、そして翌日の準備。

  ・25日---東京工科大学/専門学院(八王子市)にてクレープ&ドリンク販売。

             このキャンパスはめちゃくちゃ立派でモダン。人員規模は一万人。

             さすがに私たちでは対応しきれないので、先生とアシスタント1名が応援に入りました。

             販売数は約430食、学割50円引きであっても、売上は十六万円超。

             朝5時半出発、午後7時終了。片道二時間半のため、夕食休憩を入れて、帰着は夜11時前。なんと17時間労働!

 

 (← ↑自分たちの写真撮影はお客さんがいない閑散時間に)

 

  ★次のブログの更新予定日は、《5月3日〜10日の間頃》の予定です。

 次のブログでこそ、我が「メロディアスカフェ」の完成車をお披露目できるはずです。

 

 ★このブログを気に入ってくださった方は、ご友人に広めていただけると本当にありがたいです。

  よろしくお願いします(平田光俊)。

 

 


 

              

  

 

 <気になる空模様〜不順からまずまずへ>

 4月9日(日)、午前5時半起床 眠い。。

 今日はRelax Coffeeが担当する芦屋マラソンのケータリング(フード等の配膳・提供)をヘルプする2回目の販売研修。

 朝も時々雨脚が強くなり、雨天決行とはいえ、お客さんの入りにはマイナスの天候。空模様がどうなるか気がかりでしたが、マラソン大会が始まる頃には雨も止み、薄曇りが続いてまずまずのコンディションになりました♪

 

 <クロワッサンサンドの準備>

 さて、そのケータリングのテントでは、午前8時15分頃から、フード各種の調理と、ペットボトルドリンクを箱から冷蔵槽に写す準備作業が始まりました。

 家内とあきひろは、「クロワッサンサンド」作りのグループに配属。私は、「クロワッサンサンド」のお客様へのサーブと会計がメインで、「クロワッサンサンド」の暖め、ドリンクの準備作業や販売もアシストする遊撃手的役割をもらいました。

 

 

 

 

 

☆Relax Coffee社長の奥様による作り方指南↓

クロワッサンサンド作り

 「クロワッサンサンド」の食材は、炒めたざく切りベーコン、炒り卵、レタス、マヨネーズ、ブラックペッパー。価格は1個300円。その値段に見合う食材の量は、これくらいというのを、社長の奥様が作って見せてくれました。それを頭に置いて、家内とあきひろのほか2名くらいで作業すること約3時間。黙々と作業は続き、作り上げた数はおよそ600個 トランペット

 その出来上がったものを私ともう一人で、ホットプレートで両面を温め、ガラスの保温器に陳列していきます。

 

 

☆写真撮影のときだけ楽しそうにするあきひろ↓

クロワッサンサンド作りクロワッサンサンドの陳列
 

 <販売スタート!>

 販売スタートは午前9時から。しかし、その10分前にドリンク売り場にはすでにお客様が。お客様の流れに合わせて、各売り場で販売がスタートしました。フードメニューは、焼肉、ソーセージを2本トッピングしたカレー、鶏唐揚、クロワッサンサンド。イベント協賛の日本ハムが提供する食材が主に使われています。

 各売り場の担当者たちは、Relax Coffee傘下のフランチャイジーで、千葉、埼玉、大阪、九州などから集まってきていました。ご来場者の想定人数は6500人なので、各地のフランチャイジーに駆けつけてもらうだけの力を入れたケータリングということだと思います。

芦屋マラソン ケータリング風景   芦屋マラソンケータリング会場を囲む桜並木
クロワッサンサンドの販売研修 私と家内

 保温器の中には、炒り卵の黄色がよく目立って美味しそうなサンドが並んでるでしょう笑顔

 この売り場の右隣がカレー(¥300)売り場で、それぞれにお客様が並びます。

 カレーにしようかクロワッサンサンドにしようかと、それぞれのサンプルを見比べて話し合っていた若い女性の二人連れは、結局、我がサンド売り場へ笑う

「いらっしゃいませ〜!!」

 自分たちが一生懸命用意したものを選んで買ってもらって、食べてもらえるというのは、とても嬉しいことなんですね。

 

クロワッサンサンドの販売を頑張るあきひろ <あきひろの接客は◎>

 あきひろの「クロワッサンサンド美味しいですよ!」「いらっしゃいませ!」「ありがとうございました!」と笑顔で大きい掛け声が良かったです。

 さらに、お釣りの渡し方が「片手で渡すのはどうかと思うで。やっぱり両手を使わな。」と、私があきひろに諭されてしまいました。

 あきひろの接客は合格ですハート笑う

 

 <お金の受け取りで痛恨のミス;>

 各フードメニューとドリンク類は、午後4時過ぎには完売しました。

 クロワッサンサンドの売り上げは¥181,450。個数にすると、605個。ただし、605個の正しい売り上げ金額は、¥181,500です。つまり、お客様で一人だけ、300円ではなく250円を出した方がおられたのです。それを見逃してしまったのは私。

 受け取ったお金は、お札も小銭も同じプラケースに入れる方式になっていました。ミスの原因は、受け取った小銭を充分確認せずに、プラケースにざっと入れてしまったことです。

 「あれ?50円玉が3枚あったような・・・??」という違和感を持った一瞬がありました。でも、そのときのお客様は、100円玉2枚と、50円玉2枚とを合わせて300円出したつもりなので、いろんな小銭が混在しているプラケースにお金を入れてしまったあとでは、もうどうしようもありません。

 「やっぱりあのお客さんは250円を出してしまったんだ」と確認できたのは、結局、店仕舞いをして集計をしたとき。なるほど、確認の仕方がまずいとこんなことが起きてしまうんですね。『お金の受け渡しは慎重に』という当然の教訓を、我が身をもって学びました。

クロワッサンサンドの販売研修

 

 朝7時20分から夕方5時50分まで、立ち通しの一日。最後の1時間半は会場の撤収作業。座ったのは、お昼のお弁当を食べた15分だけ。さすがに疲れました。商売は大変なり・・・ 

 

 

 

 

 

 

 ★次のブログの更新予定日は、《4月22日頃》の予定です。

 千葉で実地販売研修を受ける予定が、4月15日〜20日ではなく、4月20日〜26日に延期になりました。大学キャンパスでの販売日が4月25日に設定され、それに私たちのスケジュールを合わせることにしたためです。

 次のブログで、いよいよ我が「メロディアスカフェ」の完成車をお披露目します。

 

 ★このブログを気に入ってくださった方は、ご友人に広めていただけると本当にありがたいです。

  よろしくお願いします(平田光俊)。

 


Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

時計

本棚

メロディアス カフェ

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM