1.京都府京田辺市のショッピングモールにトライします

 

 イオン洛南ショッピングセンターには、これからも出店させてもらうつもりですが、もっと売り上げを伸ばせる出店先があるかもしれません。

 私たちの希望は、飲食の店が入っていない京都市内の大規模ホームセンターなのですが、今取り引きしている仲介会社に、この条件を満たす出店先を見つけてもらうことができませんでした。

 仲介会社もいろいろ探してくれた結果、自宅から車で15分くらいの距離にある京都府京田辺市のショッピングモールを提案してきました。


 このショッピングモール(フレスト松井山手店)は、イオンのミニ版のようなもので、マクドやら、ケーキ屋やら、カフェやらが入店しているので、出店環境はイオンとあまり変わらないように思います。

 出店料はイオンより高く、1日5000円かかるので、下手をするとイオンよりも収益が下がるおそれがあります。

 しかし、TUTAYAとか、フィットネスクラブとかを訪れる若い客層が、イオンより多く見込めるかもしれません。また、売り上げが伸びるかどうかは、実際に出店してみなければわからないことです。

 したがって、イオンのときのように、初めから27日間も出店契約してしまうという無謀なことはせず、まず、2日間だけの出店にトライしてみることを決断しました。

 

2.京都府の営業許可基準〜やっぱり新たな買い物が要るのか!

 

 フレスト松井山手店に出店するには、京都府の営業許可を取得しなければなりません。出店日は、9月9日(土)が決まりました。もう一日、10日(日)はフレストの承認待ちです。

 営業許可証の発行には1〜2週間かかるので、9/9までにあまり余裕がありません。

 

 早速、京田辺市を管轄する保健所に問い合わせの電話をかけました。

 その結果、案の定、京都市の営業許可では必要が無かった新たな要件が課されました。

 それは、「車載の冷凍庫と冷蔵庫の庫内温度が、外から見えること」

 京都市では、「車載の冷凍庫と冷蔵庫の庫内温度を計測する温度計を備えていること」でした。この要件を満たすために、−30℃〜50℃の温度を測れる温度計を購入して、庫内に置くことで、基準をパスしました。

 ところが、京都府では、「庫内温度が、外から見えること」ですって!!!

  私「京都市では、庫内に置いた温度計でパスしています。そのままではダメですか?」

  係り「京都府では、そのやり方を認めていません。」

 もうこの振り回され方には笑うしかないです。

 

 庫内温度を測るには、熱電対温度計を買わなければなりません。

 熱電対温度計とは、庫内に温度センサを置き、電線を庫外に延ばして温度表示計に接続した装置で、離れた場所の温度を測ることができます。

 冷凍庫と、冷蔵庫とそれぞれの温度が見えるようにしてくださいと係りの人が言うので、仕方なくネット検索して、すぐ手に入る割安品を2つ購入することにしました。

 

 そのほかの要件は、京都市で満たしている要件が通用したので、この熱電対温度計を買って、京都府に16,000円を支払えば、京都府下のどこででも出店できることになります。

 ただし、日本ではどこの営業許可にも5年という期限があります。5年後には少し割り引きされた更新料を払って更新手続きをしないと、失効してしまいます。なんともお金と手間とがかかるしくみになっていますね。
 

3.9月の出店予定

 

 9月の出店予定は、今のところ、以下のとおりです(夏の平日の出店については、売り上げが伸びないので、現在及び腰なのです)。

 提供メニューは、クレープ&ドリンクに戻します。

 フレスト松井山手店の出店が成功すれば、10月の出店を増やす予定です。さてどういう結果になるか、とても楽しみです。

 

 9/ 9(土)フレスト松井山手店

 9/10(日)フレスト松井山手店(承認待ち)

 

 9/17(日)イオン洛南

 9/18(祝)イオン洛南

 

 9/24(日)ノートルダム女学院文化祭(この出店についてはビッグニュースですが改めてお知らせします)

             2017.7.17撮影

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 <2017.8.25追記>
    昨日8月24日、無事に、京都府の飲食店営業許可審査をパスしました。

  申請先は、9月の新たな出店先である京田辺市を管轄する「山城北保健所」(宇治市)でした。
  追加備品の熱電対温度計2つが、ちゃんと温度表示している状態を係員に確認してもらいました。
  写真のように、冷凍庫は−22.8℃、冷蔵庫は8.1℃に冷えています
  京都市で営業許可を取得して営業中というバックグラウンドがあるせいか、京都市のときよりすんなりとOKをもらえた気がしました。

    これで、京都府内のどこでも出店できる資格をもらえたので、取り敢えずひと安心。出店地をうまく拡げていきたいと思います。


 

★このブログを気に入ってくださった方は、ご友人に広めていただけると本当にありがたいです。

  よろしくお願いします(平田光俊)。

Comment





   

Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

時計

本棚

メロディアス カフェ

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM