私は、事故当時も、今も、ジャズドラムをライフワークとしています。

 あきひろの転倒事故が起きた頃も、週末土曜日の夜に、京都四条大宮の「Piano Pub ふら〜っとホーム」で、プロピアニストのマスター 田久保 等(たくぼひとし)師匠の熱い指導を受けながら、ジャムセッションのひとときを過ごすことが楽しみでした。

 

http://www.geocities.jp/pianopub_flathome/

 

 あきひろの事故後、10日経ってもまだ意識が戻らないことを「ふら〜っとホーム」のマスター、ママを始め、常連の方々が大変心配してくださいました。ゆかりママは、“何かしてあげられることはないかしら”と考えてくださって、千羽鶴を折ることを、皆に呼びかけてくださいました。何日もかけて、お店の営業時間の合間合間に、常連の方々にも協力をお願いして折り上げ、和歌山県立医大に送ってくださいました。事故から約1ヶ月を経た3月11日のことでした。

 千羽鶴をいただいた当日に、ベッド脇に千羽鶴を飾り、あきひろと一緒に撮影した写真はもちろんありますが、それは置いておきまして、昨日撮った写真をご覧ください♪

 

写真3:今=2017.1.4(自宅のあきひろの部屋/戴いた千羽鶴と)

                  

 

 心をこめて千羽鶴を折り上げてくださった祈りのパワーが、京都から和歌山へ届いたのでしょう。植物状態になってしまうのか、というはらはら続きの日々は、事故後25日目の3月6日に一転希望の日々へと移り、私が話しかけた言葉に対して、ベッドのあきひろは、薄く目を開けイエス、ノーの意思表示を首のわずかな動きで示してくれました!そう、やっと、やっと意識が戻ってきたのです!

 

 ふら〜っとホームの皆さん、本当に本当にありがとうございました。そのほかにも、肉親、友人、ジャズの仲間たちが心から回復を祈ってくださいました。その温かい心遣いに私たちは支えられ、苦しかった日々を心が折れず、また病気や心労などで寝込むことも一切無く、乗り越えることができました☆

Comment





   

Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

時計

本棚

メロディアス カフェ

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM