あきひろの事故の前に、実は不思議な不思議な出来事が起きていたのです。

 1つ目の出来事は、そう結びつけて考えるからそう思えるんやと、たわいなく感じられるかもしれませんが、2つ目の出来事はそうではなくて、本当に不思議なのです。

                   

 

 その1〜事故発生の3ヶ月前頃のある日、私の右手親指の爪が、気付いたら真ん中あたりで縦一直線に割れていたのです。その縦の割れ筋は、4年以上経ってもいまだに消えることがなく、爪元から割れ筋が入った状態のまま伸びて来ます。しかし、その割れ筋は、徐々に薄くなってきています。あきひろの頭の傷も徐々に薄くなっているはずで、まるでシンクロしているかのようです。

 爪が縦に割れる原因として、ネット情報などでは、「内分泌異常や代謝機能の異常」が挙げられています。でも、右手親指の爪だけが割れ、今はその割れも筋だけになっているので、私のからだの異常とも考えにくいのですが・・・

 

 

 その2〜事故発生の2日前の日曜朝のことです。

 眠りから目が覚めかけていた私の脇腹を、あきひろの足がごんごんと当たった感覚がありました。その足を、なぜ和歌山で一人暮らしをしているあきひろの足だと思ったのかはわかりません。でも、「あれっ?あきひろどうしたん?」とその脚を触ると、あきひろの左右の裸の脚が私の脇腹にほぼ直角に伸びた状態で、私はその太ももをなでたのです。

 そのあと目が覚めたわけですが、そのときに感じたあきひろの左右の裸の脚は、ICUで個室のカーテンを開けて最初に目に飛び込んできた、あの裸の両脚となって現れてしまいました。この現象を予知と言わなければ、何と言えばいいのでしょう?!

 

 この経験以来、「嫌な予感」の感覚を信じることにしたのです。

 退院後、一度だけ、あきひろに何か危険がありそうな「嫌な予感」がしたことがあって、「ちょっと散歩してくるわ」とあきひろが言うのを、「今日は外に出んといて。嫌な予感がするねん。」と止めたことがあります。これが予知だったのかどうかは知るよしもないのですが。

 

 

 番外〜あきひろの地元の方が、あきひろの事故を知り、霊験あらたかと地元の方に崇められているお地蔵様と、観音様にお参りすることを勧めてくださいました。私と家内は、すがれるものには全てにすがりたいという気持ちでしたので、あきひろが一人暮らしをしていた家から和歌山県立医大に車で向かう前に、ほぼ同じ場所に建てられているお地蔵様と観音様に毎朝お参りし、あきひろの回復を祈りました。あきひろの意識がまだ戻らないときに、「あきひろを助けてください!!」とお地蔵様に懸命に祈ったある朝のこと。

 私の頭の中に、「大丈夫だよ」という少年のような声が届いた気がしたのです。心労による幻覚か、そう誰かに言ってほしいという願いによる自己暗示みたいなものかもしれないのですが。

 その後、転院前の最後の朝にもお地蔵様と観音様にお参りをし、「あきひろを助けてくださって本当にありがとうございました!」とお地蔵様に御礼を述べますと、「お疲れ様でした」という同じ少年のような声が脳裏に返ってきました。本当にお地蔵様と対話できた感じだったのです。

 このエピソードは幻覚の気もするので番外ですが、作り話ではありません。

 

 人智を超えた現象や世界ってほんとにあるんちゃうかって思わせる出来事の数々でした。

  “信じるか信じないかは、貴方次第です”、ってあのセリフを言いたくなりますね 〜(^o^)

Comment





   

Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

時計

本棚

メロディアス カフェ

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM