本日2017年3月24日付で、あきひろと私は、日本全国で通用する「食品衛生責任者」の資格を取得しました音符

 下の写真は、その資格を証明する掲示用プレートです。

 資格証明の掲示用プレートこれを2つ並べて、我が「メロディアス カフェ」の車に掲示します。

 

 約1ヶ月前に受講申請をし、その10日後くらいに、受講日が通知されました。

 費用は、一人10,000円。二人で20,000円びっくり

 もっと安かったら、家内も一緒に取るところなんですが、家内はやめておきました。

 実際に、移動販売車1台に一人の「食品衛生責任者」がいれば良いので、私と家内が二人とも資格を取得する意味はそれほどありません。

 あきひろは、私たち夫婦が老いてしまったあとも、頑張るはずなので、取得しておくことは将来のために必要です。

 それと・・・、

あきひろは初めて行く場所にはたどりつけなかったり、行った先で迷ったりする地誌的失見当識という障害が残ってしまっているので、私も初めて行く大阪市の谷町六丁目に在る「薬業年金会館」に、二人で受講しに行くことは必須なのです顔

 

薬業年金会館 でも、生死の境を何日もさまよって、脳と頭蓋骨に重症を負ってしまったあきひろ(No.2&3ご参照 http://acoustic-jazz.jugem.jp/?eid=2 http://acoustic-jazz.jugem.jp/?eid=3)が、朝10時〜17時までの講習会に参加し、話を聞けるというのは、本当にありがたく嬉しいことなのです。

 

地下鉄<谷町六丁目>駅の真上
講習会スケジュール

 

 講義は全部で6時間

 講義6時間を集中して聴くことは、普通でもなかなか大変です。

 事実、講義中に爆睡してしまった男性が、「あんまりにも爆睡し過ぎ。前の方でそれをやられると困るんです!」と叱られていました顔

 

 あきひろも私も睡眠を充分取れているので、6時間、目はパッチリでした♪ 私なんかは、リタイヤする前の勤続中だったら、睡眠不足のために眠くて眠くて睡魔との格闘になったはずなんですが顔

 午後の講義を担当された3人目の初老の先生は、そのあたりを心得ていて、落語家調の引き付けるしゃべりに加えて、「菌が食品にダッと付いてしまったらどうするか!」と言いながら、「ダッ」のところで、床をズダンと踏み鳴らすんです。聴く方は「ンウォ!!」となって、ビクッ、シャキッとなりますね〜(^o^)

 

 あきひろは、午前中はやる気があって、しっかりテキストを目で追っていたんですが、午後からは残念ながらというか、案の定というか、集中力が切れてしまいました。見るべきテキストの箇所を私から何度も指さされて、にらまれたり、指で脇腹をつつかれたりしながら、なんとかゴールイン☆

お疲れ様!

 

講習会全景

 

 写真のとおり、受講者は平日にもかかわらず多くて、180数名。男女比は7:3くらいでした。

 

 今日学んだことで、我が車内に掲示したいスローガンは「衛生は手洗いに始まり手洗いに終わる」と、「衛生は日々の努力の積み重ね」です。

 このスローガンが空念仏に終わらないように、最善の衛生状態を保つように努力しなければと思います。


  休憩中の私テキストを黙読中のあきひろ 休憩中のあきひろ
 

 ★次のブログの更新予定日は、《4月10日》の予定です。4月9日に催される「芦屋マラソン」で、Relax Cafeが担当する販売のヘルプ&研修についてお知らせします。

 でも、その前に、3月末に完成する我が車をご覧いただく記事をアップするかもしれません。

 

 ★このブログを気に入ってくださった方は、ご友人に広めていただけると本当にありがたいです。

  よろしくお願いします(平田光俊)。

 今は、私たちの車の製作開始待ちですきらきら

 ベースになる車は、生協(CO-OP)からお下がりされるマツダタイタン1.5tトラックなんです。

 トラックは、普通乗用車と違って、積算距離が100万kmも平気で走れるほどの抜群の耐久性を備えているので、中古でも全く問題ないということです。社長さんによれば、特にこのタイタンは、1日1000km走っても疲れないのがイイということです。

 軽自動車のクレープ屋さんが多い中で、異色かもしれませんが、これだけ広いと、3人で活動するのに充分です。前も3人並んで座れる3人乗りです。しかも、3人が寝られるトリプルベッド付きです。

 「地震災害のときに自宅が潰れても、生活できる車やね。」なんて、そんなことはあってほしくありませんが、そうできないこともない車ですSMILY

 

 外観のデザインはほぼ決めました。ほかの車のデザインも参考にしながら、色使い、外観を飾る絵などは自分たちで考えて決めるのです。

 外観デザインの原案は、私が考えて、家内とあきひろは、御意見番という美味しい役回りにちゃっかり収まっていました。

 

 写真は、Relax Coffeeが作製してくれた合成写真ですが、ほぼこんな感じですムード

 店名は、私が好きなジャズや、あきひろの好きなポップスのBGMをいつも車内に流すことにちなんで、「メロディアスカフェ」にしました。そして、車の横では、時には私のドラムソロ演奏、時にはストリートジャズライブをコラボさせようと目論んでいます。


 デザイン案を考えるのは好きなので、私が原案を考えるという役回りに不満はないのですが、私のデザインセンスを世に問うほどの自信を持っているわけではありません。
 もう、直感的に“えいやっ!”で決めてしまいました。

 

 車の後面のデザインは、私の個性をアクティブに主張するものにしてみました(^o^)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 日本語のレタリングはこちらに決めました。


 今月中には、私たちが作るクレープメニューの内容も決める必要があるため、日々、クレープを焼いて、何と何とを素材として組み合わせたら美味しいか、かつ原価はいくらになるかの試行錯誤を繰り返しています。

 ひょっとすると、今が一番楽しいときかもしれませんneko

 充実した2週間の研修が終わりました。

 移動販売事業に情熱を注いでおられるRelax Coffeeは、フランチャイジー(加盟者)の育成にも熱心で、時間を惜しまず温かく接してくださいました。

 ビジネスの根底は、ハート・トゥー・ハートコミュニケーションであることを、改めて思わされました。

 「笑顔」「挨拶」「清潔」、そして「感動!」。この4つを基本に据えて、誠実な移動販売を実現させたいと願っています。

 思うように利益が上がらず品質をぎりぎりまで落とす⇒リピーター消失⇒廃業という悪循環に陥る危難にも遭遇しないとは言えません。いろいろな思わぬ出来事に簡単には動じない覚悟を持って、家族三人、あきひろを盛り立てて頑張っていきます。

 

 温かく接してくださったRelax Coffeeの皆さん。

 最後の夜を中華料理でねぎらってくださいました。感謝感謝です。

 

 <当面すること>

 2週間の研修期間中に、大学キャンパスのような外で、販売実践の機会を作ろうとしてくださいましたが、生憎と日が合わず、販売実践の機会は持ち越しになりました。私たちの車が出来上がった頃に、その機会を持つべく、再度千葉へ赴くことになると思います。

 

 取り敢えず、明日(2月12日)に開催される神戸1万人市民マラソン・ラブランの軽食販売を、Relax Coffeeが担当を任されていて、なんと6000食の食材を携えて、千葉から遠征してこられます。

 (ご参照;No.9 夢をふくらませて頑張れそうです☆)

 私たち家族もこのイベントの手伝いをします。朝5時半に自宅を出発し、ポートライナーの「市民広場」駅に7時45分集合です!カレー販売のスポットで、私たち家族の姿が見られると思います(^^)

 

 ところで、私たちの車が出来上がるまでにおよそ2ヶ月はかかるようです。

 因みに、Relax Coffeeで作っている移動販売車の中は、こんな感じです。私たちの車には、家庭のシステムキッチンのような洒落たデザインの厨房が標準装備として入る予定です。サイズも写真のよりはもっと広い予定です。

 


 

 そして、当面は家で、クレープ焼きの反復練習です。研修中は、味見としてひと口食べては、勿体ないと思いながらも捨てていましたが、さて、家では・・・。昼食や、翌日の朝食に、ハムや野菜を巻いたおかず系クレープとして食卓に載せることにしますか。

 その練習をするためのクレープミックス粉(40Kg)および機材と、Relax Coffee特製の器具や、手に入りにくい器具など、しめて¥35,963を持ち帰りました。これで、せっかく身に着けた技を忘れないように、さらに磨くように頑張ります。

 

  Relax Coffeeの社長さんは、多種多様な物事に興味関心を抱いておられ、驚嘆する行動エネルギーで色々な事にチャレンジされています。

  〈レコーディング・スタジオ〉

  その一例ですが、本業の「移動販売、フランチャイズ経営、移動販売車の製作」とは無関係なレコーディング・スタジオを作っておられます! 研修所に来る前にそのお話を伺っていたので、楽しみにしていたのですが、「どうしてここに音楽設備が??(・∇・)」って、ジャズドラマーの私にとっては、メッチャ嬉しい驚きでした!

 

  スタジオに備え付けられているドラムセットは、Pearl製です。ロック向きの仕様なので、重低音がよく響くタイプです。

  社長さんにお願いして、研修終了後の夕方5時〜6時頃、かつ、私に元気が残っているときに、このドラムセットで練習させてもらっています(*^^*)

  研修二日目には、社長さん始め、スタッフの皆さん6人くらいが、私がどんなドラミングをするんだろうと大変興味津々でいてくださったので、いろんなリズムのドラムソロを披露してみました。喜んでもらえましたヨ(*^^*)♪♪
 

  さらに、なんと! 今度の土曜日にここでジャムセッションをすることになりました♪

  実は、千葉県に在住している大学時代の軽音楽部の先輩(ピアノ)お一人と、コンボメンバー1名(ベース)とは、facebookでつながっていまして、枚方を発つ前から、この研修の機会に40年ぶりに会えたら会おうということになっていました。そこへこのスタジオです。 せっかくの機会なので、先輩のジャズ友(テナーサックス)がお一人加わって、ここへ遊びに来てくれるといいますか、遊びに来てイイデスヨってことになりました♪ヽ(´▽`)/ なんてラッキーなお話。研修所でジャムセッションができるなんて、夢にも思っていませんでした。

 

  〈コミック収集〉

  宿泊施設の本棚には、美味しんぼ、バガボンドなどなどのコミックが本棚にぎっしり。社長さんがコミック好きなのか、それとも研修受講者を退屈させないようにというご配慮なのか、よくわかりませんが、全て、一巻から全巻そろっています。

  今、私はバガボンドを楽しんでいます。

 

  〈施設景観〉

  relax coffeeの施設には、遊び心があふれています。

  車の改造所のそばには、手作りの大型遊具や、天気の良い日に皆で昼食を取ったりするウッドデッキが造られています。

  大型遊具は、6歳と4歳になる社長さんの可愛い男の子が遊ぶためのようです。

  写真の右端に写っている黄色の柵内には、15畳くらいもある大型テントが張られていて、ゆくゆくは、キャンプ場にするそうです。
 

  〈昼食風景〉

  ここ八街市では、「やちまたおろし」と呼ばれる冬の季節風が吹きます。何回も経験しましたが、砂埃や枯れ葉が舞って、目を開けていられないほどです。

  ときには穏やかな晴天日和になるので、そういう日にはウッドデッキでランチタイムを楽しみます。

  左の写真で、家内の右となりの女性が、私たちを指導してくださっている先生です。先生は、社長さんの奥さんのお母さんで、岩手県のご出身。○十年も調理の仕事をされていて、その豊富な経験を私たちに伝授してくださっています。笑うと目が無くなり、めっちゃ人懐こい笑顔をされます( ^∀^)

 

  そんなこんなで1週間が過ぎました。私も家内もあきひろも、元気に楽しく研修を頑張っています。

  もうじき、私たちの車の内外装のデザインを決めていく段階に入ります。

  記念すべき研修初日が終わりました。

  昼休みの小一時間を除いて、延べ六時間ほど立ちっぱなしのため、持参した純米酒で夕食どきに晩酌をしたら、疲れがブワ〜っと広がってきました(#´∀`)

  私たちが作ってもらう車は、1.5tトラックをベースにしていて大きいので、立ち仕事が基本になるようです。

  今までの1日座り仕事から立ち仕事へ。ライフスタイルが何もかも今年から大きく変化します。身も心も柔軟に変化していかなければ(o^−^o)

 

  今日したこと;

  〈1_ドリンク作り〉

  まず、朝9時から昼12時過ぎまで、ドリンク作りをしました。

  エスプレッソマシンを使ってエスプレッソコーヒーを抽出し、その30CCをカップに入れておき、泡立てたクリーミーなホットミルクを注ぐと、カフェラテが出来上がります。泡立てたミルク作りも、写真のように、エスプレッソマシンでします。

 

  エスプレッソマシンから斜め下に突き出たノズルから蒸気が噴出し、その蒸気でミルクを熱く泡立てます。噴出の強さは、ダイヤルの回転量で変えることができます。

  泡立て方によって味わいが変わるとのことですが、その泡立ちのコントロール以前に、基本的な細かい泡立ちになかなかうまくなりません。

  ミルクにノズルを差し入れる深さや、蒸気の噴出量の加減が難しいのです。ミルクは蒸気の熱で熱くなりますが、熱くなり過ぎて80℃を越えてしまうと、泡立てたくても、もう泡立ちません。

  クリーミーに泡立てたホットミルクを作る練習が、明日も続きますが、あきひろが一番早く上手にできそうでした  o(^o^)o

  このほか、20種類くらいのドリンクの作り方について、手順と分量などを勉強しました。注文が入ったら、何をどれだけ、どういう手順でどのカップに入れるかがすぐ思い浮かぶように、トレーニングしなければなりません。すごく難しそうですが、基本パターンは7種類くらいなので、馴れてしまえば大丈夫そうです。

 

 

  〈2_クレープ焼き〉

  さあ、午後からは、最難関のクレープ焼きです。

  「難しいヨ〜、できるようになるのに1週間かかるヨ〜」と言われていて、覚悟してはいましたが、最初の1枚目が半月とも言えない、いびつもいびつ、「なんじゃコリャ」と笑うしかないひどいもんでした( ・∇・)

 

  クレープ焼きのシーンは撮影する余裕もなかったので、ネットでダウンロードした無料画像を見てください。ただし、私たちの先生は、もっと鉄板の縁ぎりぎりまで、大きく丸く焼いて見せてくれました。さすがでした(*^^*)

  今日は一人あたり15枚くらい焼いてみて終了!

  私は10枚目くらいからコツが少しつかめてきて、“大きく丸く”はだいぶ行けるようになりました。明日は厚みのムラを無くすことを頑張ります。

  クレープ焼きでは、あきひろが一番苦戦しそうです。でも、やる気満々ですd=(^o^)=b 

 

 

 


Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

時計

本棚

メロディアス カフェ

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM